地震の被害を最小限におさえるための液状化対策

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 安全確認のために行おう

安全確認のために行おう

ヘルメット

定期的に必要なこと

火災が起きてしまうと、周囲に燃え広がってしまうこともあるのでとても大変です。周囲に迷惑をかけないようにするためにも、定期的に防災チェックをしましょう。特に、防火対象物点検は重要となっています。防火対象物というのは、不特定多数の人に利用されている建造物のことを指します。例えば、ショッピングモールや病院、様々な施設などが挙げられます。このような大きな建物は火災が起きると、まず、避難をするだけでも大変です。人が多ければ多いほど、パニックになってしまうことがあります。だからこそ、このような場所に勤めている人は、日頃から避難訓練を意識する必要があります。防火対象物点検は東京消防庁からも事業所向けにアドバイスがなされているので、日頃からきちんと確認しておきましょう。

報告制度がある

防火対象物点検は様々な施設で必ず行わなくてはならないものです。というのも、報告制度もあるからです。義務付けられているからというだけではなく、一人一人がきちんと行うべきものと言えます。まず、建築基準法に基づいた建物ではないといけません。これは施設などを建てる時に確認されます。避難経路がきちんと定められていないような建物は、火災が起きた時、対処ができません。もちろん、火災だけではなく、様々な災害にも備えられるような建物にする必要があります。建てる際、防火設備を整えておきましょう。学校やショッピングモールなどでは、必ず、防火扉が設置されています。大きな建物ほど、これがないことには危険です。もちろん、防火扉も劣化することがあります。だからこそ、防火対象物点検が定期的に必要なのです。