地震の被害を最小限におさえるための液状化対策

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

木造は特に注意

工事

液状化の原因

地震が発生した際に、地盤が液状化になる現象を液状化現象と言います。液状化現象が起きると砂でできた地盤は通常砂の粒子が結合して安定している地盤が、砂の粒子の結合がバラバラになって沈下します。このような状態になると、建物が沈んだり、傾いたりしてしまいます。このような状況を防止する為には液状化対策を講じる必要があり、事前に液状化対策を講じることによって、被害を最小限に抑えたり、被害を軽減することができます。また、液状化現象が起きやすい地盤については、行政区域にもよりますが土地履歴マップやボーリング柱状図、液状化予想図によって見当をつけることができます。ですので、液状化対策はまずその地域の地盤の液状化発生の可能性を事前に確認することが大切です。

様々な対策方法

液状化が発生した際に、木造の住宅は比較的建物重量が軽く基礎が浅い為、液状化による影響を受けやすい傾向があります。また、液状化による被害を最小限に抑えたり、軽減する為の液状化対策としては、建物の基礎の直下に改良を施しますが、その方法は様々あります。基礎の直下に土と固化剤を混ぜた円柱状断面の改良体を杭のように配置する方法や、基礎の直下をセメント系固化剤と現状の土を混ぜて、板状に改良する方法、水とセメントの混合液や薬液を地盤に注入する方法などがあります。また、建物の基礎の直下に対してではなく、基礎の外周部を円柱や矢板などで囲い込み、液状化発生の可能性がある地盤を囲い込む方法もあり、様々な方法があります。